倉田です。

 

いよいよ今年で100となる、

全国高校野球選手権大会(甲子園)が幕を開けます!

日本一に向かって全力でプレーする高校球児たちの姿は、

私たちに感動と情熱を与えてくれますよね。

 

指導者側の目線で見れば「監督」からは、

良い選手を集めるためのスカウティングや、

良い選手に育てるためのコーチングなど、多くのことを学べると思います。

 

逆に、選手側の目線で見れば「高校球児」からは、

〝情熱″を学べます。

 

とある高校野球の監督の話。

その監督(監督のご家族も含め)は、選手たちと寝食を共にし、

人生を全て高校野球に懸けていました。

なぜそこまでできたのか?

 

「選手たちの情熱を見ていると燃えたぎる気持ちにさせられる」

とその監督は言っています。

 

実は監督が選手を動かしたのではなく、選手が監督を突き動かしていた……。

 

昔から語り継がれる、不変のマネジメント

「人を動かすのは情熱!」本当にいい言葉ですね。

高校球児たちを見習い、私たちも情熱的に生きたいものですね。