先日、女子会に参加してきた浅見です。

 

3年生の皆さんも、選考を受け始めている方が多いようですね。

 

筆記テストと共によく利用される性格適性の検査ですが、

どこを見られているか知っていますか?

 

最も利用されている性格適性検査

 

ちなみに現在最も利用されているものは、

SPI(リクルート社)です。

SPIは1回の費用が約5000円。

それでも費用対効果があるのでしょう。

 

性格適性検査の内容

 

質問内容は下記の4つに分類されます。

・行動的側面

・意欲的側面

・情緒的側面

・ライスケール

 

「行動的側面」「意欲的側面」の質問では

「人に対してどのように接するか」と「課題に対してどのように対処するか」

 

「情緒的側面」の質問では

「感情がコントロールできるか」

 

「ライスケール」の質問では、

「正直に回答しているか」

が診断されるようです。

話を盛っていたり、嘘をつくとマイナスの判断をされます。

 

余りにひどいと「虚言癖の傾向がある」や、「感情が不安定」

といった判断がくだされることもあるようです。

 

人事はどのように見ている?

SPIを利用している企業の人事の方にお話をお聞きしたところ、

「あくまで参考程度に見ています。ストレス耐性や信頼はあった方がいいですが、良い悪いではなく、今いる社員との相性を見ています。」

ということでした。

 

性格適性に関しては、企業との相性を見ることに使うこともあるようです。

性格適性の段階で選考が進まない方は、

企業との相性が良くないだけかもしれません。

 

性格は簡単に変えられるものではありません。

ただ、よく見せようと嘘をつくのだけは止めましょう。