岡山です。

 

最近、学生さんから、「面接の時にどのように答えたら良いですか?」という質問を受けることがあります。

 

私も就活の時期に、どのように答えれば良いのだろうと悩んだことがありました。

 

 

しかし、そういった事を考えている時に限って上手くいかないことが多くありました。

 

面接に正解はない

就活の時に陥りがちになってしまうのは、正解を探してしまうということです。

「どのように答えれば選考が通過するだろうか」

「何を答えれば内定が出るのだろうか」

「面接官は何を求めているのだろうか」

と考えたことはありませんか?

 

私は就活をしていた時に、こんなことばかり考えていました。

 

しかし、面接官が知りたいのは、素のあなたなのです。

面接官が見ているポイントが知りたい方は、下記のご参照ください。

http://career-premium.jp/sunozibun-2214.html

 

 

面接で聞かれることは、あなたの事

面接官は、素のあなたを見ています。

そのため、聞かれる質問は全てあなたに関する「過去・現在・未来」のことだけです。

 

あなたが、今まで何を考え、どんな経験をしてきたのか。

現在は何を考えてどのようなことをしているのか。

あなたは、将来どのような人になっていきたいのか。

 

ということです。

 

あなたのことを聞かれているので、どのように答えていいかという正解はありません。

そのため、過去自分がやってきたことをしっかりと自己分析し、将来に向けて、

今何を考え、どんなことをしているのかだけを答えれば良いのです。

 

自己分析のやり方が分からないという方は、自分年表を作ってみてはいかがでしょうか。

http://career-premium.jp/nenpyo-2015.html

http://career-premium.jp/nenpyokyakkan-2727.html

 

もし、自己分析や面接で上手くいかないと思ったら、是非プレミアムスタイルにご相談ください。

 

プレミアムスタイルでは、学生さん一人ひとりに寄り添ったサポートをしております。

プレミアムスタイルは、皆さんの就活の成功を応援しております。
[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]