岡山です。

 

学生さんの自己PRを聞いていて感じることがあります。

それは、「自己PRしてください」と言われたにもかかわらず、

「自己紹介」で終わっている方がとても多いということです。

 

自己紹介で終わってしまっている例

具体的な例を挙げてみましょう。

A大学B学部C学科の〇〇〇〇と申します。

大学ではゼミ活動を通して、〇〇〇について学んでおります。

また、学業以外では野球を約10年間続けております。本日はよろしくお願い致します。

 

これは自己紹介であって、企業が求めている自己PRではありません。

 

自己PRが入っている例

次に自己PRが入っている具体的な例です。

私は、継続して物事に取り組む「行動力」があります。

私は、約10年間野球を続けております。

最初レギュラーになれませんでしたが、経験を積み重ね今はレギュラーです。

就職活動を始めてから半年間、毎日欠かさず新聞を読むようにしています。

新聞記事でわからない内容や疑問があった時は、

必ずメモをするようにしています。

社会に出てからも、経験・知識を積み重ねて貢献していきたいと思っております。

 

これは、自己紹介で終わらず、

経験を社会に出てからどう活かしていきたいか?

ということを話しています。

 

面接官が期待する「自己PR」とは?

面接官は、「あなた自身の宣伝」を期待しています。

「何を宣伝したらいいか分からない」という方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、第三者に聞いてみると良いかもしれません。

 「当り前」と思っていた事が、「宣伝するポイント」かもしれません。
[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]