倉田です。

 

明けましておめでとうございます!

新年をどのように過ごされたでしょうか?

心機一転、新たな気持ちで歩もうとしている人は

たくさんいるのではないでしょうか。

 

 

ここで、2018年を良い年にするちょっとした小話をご紹介します。

阪急電鉄や宝塚歌劇団などを創った小林一三(こばやしいちぞう)さんの言葉です。

 

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。

そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ」

 

世の中には意味のない仕事はありません。

あらゆる仕事は平凡なものの延長線上にあり、

意味を見出すも見出さないも、結局は自分自身の姿勢次第です。

 

 

私が駆け出しの料理人時代・・・。

皿洗いにまかないづくり、仕込み作業など

誰にでもできるような仕事を軽んじた結果、

本当に辛い社会人生活の船出となったことを思い出します。

 

 

中途半端に生きるよりも、一生懸命に生きる。

目の前にあることを徹底しておこない、

 

その世界・環境のナンバー「ワン」(いぬ年だけに)になる一年

にしていきましょう!

 

本年もよろしくお願いいたします。