佐々木です。

6月に入り、雨の日が増えています。

 

この時期になると大変なのがヘアセット…

せっかくドライヤーでブローしたのに、気づいたら湿気でうねったり、広がったりと崩れたたり・・・(涙)

私も日々試行錯誤しながらヘアセットしております(笑)

 

学生さんでも、選考やインターンの日が雨だった、ということもある思います。

せっかくなら、素敵なヘアスタイルをキープしたいですよね☆

今日は雨の日でも崩れにくくなるヘアケア・ヘアセットの秘訣をお伝えします。

 

髪の乾燥を防ぐ

雨の日や湿気の多い日に、髪がまとまりにくくなる…

じつはその原因は、ダメージによる髪内部の水分バランスに問題があることだそうです。

髪がダメージを受け傷むと、髪表面の「キューティクル」が剥がれてしまいます。すると、髪の毛の内側にある「毛皮質」というところがむきだしになっているため、髪内部の水分や栄養が流出し、乾燥している状態になるそうです。「乾燥している髪」は、空気中の水分を吸い込んでしまうため、うねりや広がりを生みやすくなってしまうそうです。

 

ダメージ予防には…実は、洗髪後すぐに乾かすことが大切!

キューティクルは髪が濡れると柔らかくなり、剥がれやすくなります。

髪が濡れたまま放置して寝てしまうと、枕や髪の毛同士の摩擦でキューティクルが剥がれやすくなり、より傷んでしまうという結果に…濡れたまま放置せず、すぐ乾かすことが大切みたいですね。

 

また、髪を洗いタオルドライした後にドライヤーの前や少し乾かした後に洗い流さないトリートメントやヘアオイルを適量塗りましょう。

ドライヤーの熱やブラシの摩擦から、キューティクルを守ってくれ役割があります。

特に傷みやすい毛先から塗るのがおススメです。

スタイリング剤を使う

ヘアセットする際、スタイリング剤を使うことで、より髪型をキープしやすくできます。

髪の広がりには、ストレート用ヘアムース、まとめ髪やショートヘアをしっかりキープしたい方は、ワックスやハードスプレーもおススメです。髪質や好みに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

雨の日でも素敵な髪型で人とお会いしたいですね♪

是非活かしてください。