松本です。

ついにやってくれました!
全米オープンテニス 大坂なおみ選手 優勝!!

大学時代にテニスサークルだったというレベルのにわかファンですが、興奮しました。
世界ランキングも7位に上がり、まだ20歳の彼女なら世界ランキング1位も夢じゃないのでは!?と期待しています。

ということで、今回は日本の世界ランキング1位を調べてみました!

日本の世界ランキング1位

①パスポートの自由度!

ビザなしで渡航できる国と地域の数が世界一!
その数は189ヶ国!!
2位はシンガポールで188ヶ国です。
かなり僅差ですが、2018年3月に単独1位になりました。
世界で一番信用されているのが日本と言っても過言ではありません。

②歴史の長さ!

日本は世界最古の国と言われています。
建国が紀元前660年2月11日、今年で2678年目です。
ちなみに、企業の長さも日本が世界一です。
それどころか、トップ3独占です。
1位 株式会社金剛組(建設) 創業1440年
2位 財団法人池坊華道会(生花) 創業1431年
3位 有限会社西山温泉 慶雲館(旅館) 創業1313年
国も企業も世界一の長さを誇ります!
これだけ長く続くということは、世界一堅実、安定な国と言えると思います。

③対外純資産!

対外純資産とは、日本の政府や企業、個人が海外に保有する資産(対外資産)から、海外勢が日本で保有する資産(対外負債)を差し引いたもの。
2017年末時点で328兆4470億円となり、27年連続世界最大となっています。
簡単に言うと、海外に貸しているお金が借りているお金よりも多く、貯金がいっぱいある状態です。
日本の借金は世界トップレベルというニュースも聞くことありますが、実は世界一お金持ちな国だったのです!

他にも乗り物の通路側が好きな確率が世界一、多機能トイレの設置率が世界一などいろいろな世界一が出てきます(笑)
やっぱり日本って凄いですね!

いかがでしたでしょうか。
世界目線で見てみると、日本の新たな価値が見つかります。
就職活動においても狭い視点で見るのではなく、広い視点で見るようにして、企業や自分自身の新たな価値を見出してください。