小原です。

 

最近、台風が来たり、急に暑くなったりと忙しい日々が続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?。

 

これからの時期に、注意したいのは熱中症です。

では、熱中症予防のためにどのようなことをすればよいのでしょうか。

 

熱中症とは

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分 のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

引用:厚生労働省

http://goo.gl/sT619v.

 

 

そんな熱中症を予防するには・・・

 

暑さを避ける

室内では・・・

扇風機やエアコンで室温をこまめに確認しながら調節しましょう。

・扇風機の前に凍らせたペットボトル等を置くと涼しくなります。

 

外出時には・・・

日傘や帽子を着用し、こまめに休憩をとるようにしましょう。

 

からだの蓄熱を避けるために

・通気性のよい、吸湿性、速乾性のある衣服を着用しましょう。

・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やしましょう。

 

 

こまめに水分を補給する

室内でも、外出先でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分・

経口補水液を補給しましょう。

経口補水液=水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの

 

水分補給をする場合は、出来る限り甘いジュース等ではなく、スポーツ飲料や

ミネラルウォーターを飲むようにしていきましょう。

 

 

これから、ますます暑くなってきます。

このくらいは大丈夫だと思わずに、こまめに涼しい場所で休憩をしたり、

水分補給をしたりして熱中症を予防していきましょう。

 

社会人になれば、体調管理も仕事のうちだと言われています。

是非今のうちから熱中症予防をして体調管理をしていきましょう。