木村です。

 

ついにワールドカップがはじまりましたね!

 

『サッカー』という言葉を使用していないのに、『ワールドカップ』という言葉だけで、

サッカーを連想するって、今考えるとすごいですよね。。。。

 

その存在の大きさを実感します。

皆で応援しましょう!!

 

さて、話は変わりますが・・・。

先日、弊社の研修の一つ、『新人力養成セミナー』の講師を行ないました。

 

就職活動が終了した学生さんが、

『会社で必要とされる人財になるための基本的なマインド、スキルを確認する』

研修となっています。

 

挨拶、礼はもちろんのこと、『入社する企業についてのスピーチ』や『名刺交換』、

『上司への報連相』など、一つ一つ研修を通して確認していきます。

 

 

 緊張する場において、実力が発揮できるか!?

 

研修の中で、様々な課題に挑戦していきます。

そこで、重要となるのが、『緊張する場』です。

初めてのことの連続で、皆緊張して、失敗を繰り返します。

 

緊張すると、『普段とは違う自分』があらわれます。

しかし、それも自分であること認めないといけません。

 

仕事は緊張する場の連続であり、

緊張する場で『実力』が発揮できない=『実力』がない

ということです。

 

と、言っている私自身の胸が痛い!!!

 

是非、緊張する場に身を置き続け、真の実力を身に着けていきましょう。