岡山です。

 

会社説明会や、OB・OG訪問の際に、わからない単語が出てきたことはありませんか?

社会では、ビジネス用語が多く飛び交っています。

分からない言葉は素直に聞くことをオススメしますが、知らない言葉を全て聞いていては、

話しが前に進まないこともあります。

 

そこで今回も、今のうちに知っておきたいビジネス用語をお伝えします。

 

エビデンス

言った言わないの証拠、言質のこと。

例:「仕様変更を受け付けるときにはエビデンスを残すようにしてください。」

 

 

クロージング

クライアントに購入や契約を決断させること。

例:「このタイミングでクロージングをしよう。」

 

 

コミットメント

責任を伴う約束、意思表明の意味

約束した目標に対して責任を持つことを指す場合もある。

例:「私はこの目標をコミットメントします。」

 

 

シェア

自分の持っている情報を他人と共有すること。

例:「この情報はシェアしよう。」

 

 

シナジー

相乗効果のこと。

シナジーを目的として事業の多様化、多角化が実施される。

例:「お互いのシナジーを考えよう」

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ビジネス用語も知っていることで、相手の意図していることが理解できることも多くあります。

馴染みのない言葉にも慣れていけるように今のうちから覚えていくのも良いかもしれませんね。

 

しかし、専門用語ばかりを使っていると可愛げがなくなる可能性もありますのでご注意ください。
[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]