佐々木です。

 

皆さんは、飛び込み営業と聞いてどのようなイメージを持っていますか?

 

「辛い・迷惑がられる・断られる」といったイメージを持っている方も

多いのではないでしょうか。

 

とは言え、飛び込み営業と一言で言っても、扱う商材やお客様も違います。

 

そこで今回は、社会人一年目に私が体験した個人宅向け飛び込み営業から、

飛び込み営業での気づきや魅力、やりがいをお伝えできればと思います。

 

実際は自分次第!?

私は、個人宅に対して食品宅配サービスを提案する飛び込み営業を行っていました。

飛び込み営業をしていると、冷たく断られたり、話しすら聞いてもらえないこともあります。

しかし、全ては自分次第だと感じました。

それは、 明るく笑顔で接することで、相手の対応も変わるということです。

私は、明るく笑顔で訪問することを心がけていたところ、訪問した先の方も

印象よく接していただくことができました。

自分が笑顔だと相手は笑顔、自分が暗いと相手も暗い。

要は、相手は自分の映し鏡なのだと気付くことができました。

 

飛び込み営業の魅力とは?

そんな私が感じる飛び込み営業の魅力は、「出会い」です。

私は、個人宅の飛び込み営業だったので、訪問先で出会う方は、

ご年配のご夫婦から子育て中のお母さん、独り暮らしの学生さんまで様々でした。

 

そういった方々と出会ってお話をしていく中で、色々なことも教えていただき、

自分の世界が広がりました。

中には、初対面にも関わらず、

「暑いから、これ飲んで頑張ってね」

と、麦茶を御馳走になることもありました。

 

また、街中を回るため、その土地のおすすめスポットを発見することも楽しみでした。

 

ちなみに私の回っていた、京王井の頭線「西永福」駅周辺のおすすめスポットは、

閑静な住宅街の中にある公園。緑豊かな広々とした穴場スポット「和田堀公園」です。

 

飛び込み営業のやりがいは?

私がやりがいに感じたのは、なんと言っても契約を頂いたときの達成感です。

新人で経験もスキルもない中、目の前の人にどうしたら役に立てるだろうと

一生懸命相手の為に話しをしました。

そこで、「あなたが一生懸命私のために話してくれるから、一度使ってみようかしら」

と言って頂いた時は、商品だけでなく、自分を必要としてくれた時の契約は喜びも倍増でした。

 

私は、入社したての頃は、「自分に飛び込み営業なんて出来るかな・・・」と思っていました。

実際やってみると、大変なことも多いですが、人との出会いも含め、

楽しい事も沢山ありました。

もしかすると、学生さんの中には、営業職、特に飛び込み営業職について

あまり良いイメージを持っていない方もいるのではないでしょうか。

 

私が体験したことが全ての飛び込み営業に当てはまるとは思いませんが、

どんな仕事であっても、大変なことや楽しいことは必ずあります。

 

もし、仕事のイメージが湧かないという方は、是非、OB・OG訪問を含め、

周りの方に聞いてみてください。

 

体験談を聞くことで、あなたの持っているイメージが変わるかもしれません。

良くないイメージや自分には合わないかもしれないと思っている業界や職種も

あるかもしれませんが、実際やってみないと全然分からないですよね。
[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]