岡山です。

 

秋になり、3年生の方も、本格的に就活をスタートさせる方も多いのではないでしょうか。

まずはエントリーシートを提出してくださいという企業も多いと思います。

 

そこで今回は、意外とやってしまうエントリーシートのミスをお伝えします。

 

 

間違った情報を使ってしまう

例えば、国内シェアが2位の企業に対して、「国内シェア1位の貴社の・・・」や、

社長の名前が佐藤なのに、「貴社の田中社長がおっしゃった・・・」などです。

そんな間違いはしませんと思う方もいるかもしれませんが、エントリーシートの提出が続いてしまうと、

違う企業のエントリーシートをコピーペーストして、このようなミスが起こることもあるようです。

 

いくら良い内容のエントリーシートを作成したとしても、マイナスイメージしか残らない可能性もあるので

注意してください。

 

 

結論から先に書かない

エントリーシートで聞かれている質問に対する答えは、1~2文目で書くようにしましょう。

中には、結論を書かず、エピソードばかりを書いてします学生もいるようです。

あなたの強みを聞かれているのであれば、「私の強みは〇〇です。理由は・・・」といったように書くと、

読んでいる人にもわかりやすくなると思います。

 

 

余分な情報を加える

例えば、エントリーシートの他の項目を見ればわかるような、大学名・学年・出身地などを書く方もいます。

エントリーシートでは、文字制限が設けられていることが多いため、余分な情報を加えず、

相手が知りたい情報の内容だけを書いていくようにしましょう。

 

 

一文が長い

一つの文章を長くしてしまう学生がいます。

読み手からすると、非常に読みにくいです。

出来れば一文を50文字以内にすると文章がスッキリし、読みやすくなります。

 

また、「、」「。」をしっかりと使うことで、読みやすくなりますので覚えておくと良いかもしれませんね。

 

 

誤字・脱字がある

企業の中には手書きのエントリーシートの提出を求められるケースがあります。

そういった場合は、特に誤字・脱字を注意しましょう。

WEB上でのエントリーシートであれば、すぐに修正が出来ますが、手書きのエントリーシートで

誤字・脱字があると、書き直しになってしまいます。

下書きをするなどして、誤字・脱字が無いようにしていきましょう。

 

ちなみに、エントリーシートでは、「御社」ではなく「貴社」と書くことが正しいので、

そちらも間違えないようにしていきましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

エントリーシートの提出が多くなってくると、自分でも思いもよらないミスをしてしまう事があります。

1社毎に、心を込めてエントリーシートを書くようにしていきましょう。

そして最後に見直してから提出する事をオススメします。

[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]