岡山です。

 

部屋の乾燥が気になる季節になってきました。

エアコンの暖房でも、かなり部屋が乾燥してしまいます。

乾燥すると、風邪を引きやすくなったりノドが痛くなったりしますよね。

 

風邪予防の為にもなるべく部屋の湿度は保ちたいものです。

加湿器を買って加湿をすれば良いのですが、「余計な出費は避けたい」という方も

いるのでないでしょうか。

 

そこで今回は、部屋の乾燥を防ぐ方法をお伝え致します。

 

洗濯物を室内干しする

これはよくある方法だと思います。暖房をつけていると、曇った日に外に干しておくより、

洗濯物が乾きやすいということもあるようです。

 

室内干し用の洗濯洗剤を使えば、部屋干しのニオイも気にならず、

いい香りの柔軟剤を使えば部屋にもいい香りが漂うと思います。

 

 

ハンガーに濡れタオルを数枚干しておく

こうしておくことで、洗濯物の室内干しと同じ効果が得られます。

アロマオイルを落としたお湯で濡らしたタオルを干すと、

お部屋にいい香りが広がって気分も良くなります。

コツは、タオルを固く絞り過ぎないことです。

 

 

湯気の出る料理をする

この際なるべく湯気の出る料理をして、一石二鳥にしてみてはいかがでしょうか。

例えば、

・ゆで卵を作る

・野菜を茹でて、冷凍しておく

・食事は、ラーメン・うどんなど麺料理を作る

・鍋で煮物をつくる

などです。

 

一度にたくさん作っておいて保存できるものは保存しておけば、

ガス代の節約にもなります。

 

 

フローリングを水拭きする

水拭きをするだけでも、湿度を保つ効果はあると思います。

カーペットのお部屋は、いい香りの防菌・防臭スプレーなどで、

湿らせることも良いかもしれませんね。

 

 

私の周りでも喉が乾燥し、風邪を引いてしまった方もいます。

風邪を引くと、ベストパフォーマンスを出せない事はもちろんですが、

声が出なくなってしまう場合もあります。

 

面接の日に声が出ないという状況になってはとても残念です。

是非、部屋の加湿に気を付けて体調管理をしていきましょう。

[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]