日々自分とディスカッションしている小林です。

グループディスカッションで何に気をつけていますか?

学生さんで多いのはグループディスカッションでの発言ばかり気をつけている人です。

見落としてはならないのは、発言ではなく「聞き方」です。

 

聞くことからコミュニケーションは始まる

「コミュニケーション=話し方」だと思っている方が案外多いです。

しかし、コミュニケーションの入り口は、何よりも「話を聞くこと」です。

「ずっと片思いをしていた人と、両想いになれた!」

親友にこんな嬉しい報告をした時に、鉄仮面のような無表情だったらどうでしょう?

実際には、こんな事は無いと思いますが、ちょっとムカッとしますよね。

相手が気持ち良く話が出来る空気作りをすることが大切です!

 

あいづちが大事!

皆さんはどんな風にあいづちを打っていますか?

「はい」「ええ」「はあ」「そうですね」などオーソドックスなものから、

「本当ですか!」「面白いですね」「なるほど」などの様々ありますね。

話し手の言葉に反応することにより、しっかりと聞いてくれているという感覚になります。

 

でも、あいづちのやり過ぎ厳禁!

あいづちは一歩間違えると、「嫌われてしまう可能性」がある事も念頭に入れましょう。

■嫌われがちなあいづち

・「はいはい」と2回言う
・相手がまだ発言しているのに、被せて言う
・真顔で言う
・感情が伝わらない
・「ええ、ええ、ええ~」と「ええ」を沢山言う

 

人のフリ見て、我フリ直せ

あいづちは慣れてくると、自然と出るものです。

意外と自分では気づかないうちに、

この「嫌われがちなあいづち」を打っている可能性があります。

「あの人の、相槌の打ち方、ちょっとどうかな~?」

そう感じた時がチャンスです!

反面教師のチャンス!

ちょっと視野を広げて、身の回りのオトナをチェックしてみましょう!

そして、自分のあいづちも気をつけてみましょう。

[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]