岡山です。

 

就活をしていくと、会社説明会を始め多くの話を

「きく」場面が出てきます。

 

「話をきく」と言った場合、は「聞く」と「聴く」という表現があります。

皆さんはこの二つの「きく」についてどのような違いがあるかご存じですか?

 

今回は「聞く」と「聴く」の違いをお伝えできればと思います。

 

聞くとは

聞くというのは一般用語で、多くは音を耳で感じ取る、

自然に耳に入ってくる場合を表します。

 

例えば、カフェに行った際に流れているBGMは

「聞こえている」状態ですね。

 

主な使い方としては、

うわさを聞く、聞き捨て、聞き流す、聞く耳を持たぬ、話し声を聞く、

物音を聞くというものがあります。

 

 

聴くとは

聴くというのは、特殊用語で、注意深く耳を傾け、聞こえているものの内容を

理解しようと思って進んできく場合を表します。

 

例えば、講演会に行った際に、講演者の話を「聴く」となりますね。

 

主な使い方としては、

人の話を聴く、音楽を聴く、国民の声を聴くというものがあります。

 

「聞く」と「聴く」は、きく態度によって使い分けられ、

どちらでもよい場合は、「聞く」を使うことが多くあるようです。

 

「聴く」には、耳と目の心が入っています。

「聴く」ときには、耳と目と心で聴くようにしてみましょう。

 

参照:NHK放送文化研究所

 

 

就活での会社説明会では、「聞く」のではなく「聴く」ようにすると、

企業の理解度も高まると思います。

 

聴く態度で周りの評価が変わる場合もあります。

人のアドバイスや話しは聴くようにすると、良いかもしれませんね。

[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]