給食の残り物があった時だけ、やたら自己主張をしていた岡山です。

 

先日電車の中。

就活生らしき学生が二人が、グループワークについて話をしていました。

 

グループワークで司会役をやったけれど…

A「この間選考でグループワークがあって、司会役をやったんだけど・・・」

 

B「すごいね。じゃあ次は面接対策しなきゃね」

 

A「でもその企業からお祈りメールが来たんだよね」

 

B「え~司会役やったのに!!」

 

A「司会役をやれば評価がいいと思ったんだけどな」

 

というような内容でした。

 

司会役が必ずしも評価されるわけではない

 

学生さんの中には、グループワークやグループディスカッションで

司会役をやれば、必ず良い評価がもらえる

という考えを持った方がいるようです。

 司会役を自ら進んでやったとしても、評価が上がるわけではありません。

 

司会は一つの役割であり、

役割自体に評価の良し悪しがあるわけではありません。

 

司会は、うまくグループをゴールに導けるかが役割ですので、

うまくグループをゴールへ導けることが出来れば、評価が高くなります。

 

しかし、

周りの意見を無視して、進行を進めるなど、

上手くまとめられないと逆に評価は低くなってしまいます。

 

どれだけチームに貢献できるかが大切

ある企業の人事担当者の方の言葉。

「司会役は、その場の同意を得ながら意見をまとめたり、

意見がまとまるように導けるかを見ています。

 司会ではない人も、どれだけチームに貢献できているかを見ています。」

 

司会になることが大切ではなく、

どれだけチームへ貢献できたかが高い評価のポイントです。

 

自分がチームの為に何が出来るかを考えて臨みましょう!

 

[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]