SPIでの一般常識問題対策をお届けします。

今回は思想編についての問題です。

 

問題

(1)フランスの哲学者パスカルは、人間をある植物にたとえて何と言ったか。

 

(2)バラモン教、後のヒンドゥー教の聖典となり、「知識」という意味を持つ宗教文書の総称を何というか。

 

(3)イギリスの哲学者ベンサムは、人間社会の幸福について何と言う言葉で説いたか

 

(4)デンマークの実存主義哲学者キルケゴールの代表作は何か。

 

(5)「社会契約論」を主張し、フランス革命にも影響を与えた啓蒙思想家はだれか。

 

 

 

 

 

答え

(1)「人間は考える葦である」

(2)ヴェータ

(3)最大多数の最大幸福

(4)「死に至る病」、「誘惑者の日記」、「哲学的断片」、「野の百合と空の鳥」など

(5)ルソー

 

[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]