岡山です。

大好きなラーメンの美味しさを友人に伝えきれない。そんなことありますよね。

まぁ、自分がお腹一杯になればそれでいいんですけどね。

さて、他人に正確に伝えるというのは、簡単そうで難しいことです。

そこで、他人にわかりやすく伝えるためのポイントを3つご紹介します。

 

短く結論から伝える

最初に結論から話すようにしましょう。

さらに結論が短ければ、より理解しやすいです。

 

×わかりづらい例

昨日の夜、ずっと気になっていた店があって、夜遅くまで運良くやっていて、そこの味噌は濃厚で、他とは比べ物にならないくらい!そこのラーメンすごく美味しから、今度一緒に行こうよ!

わかりやすい例

昨日食べた味噌ラーメンがすごく美味しから今度一緒に行こうよ!味噌が濃厚で他とは比べ物にならないよ!

 

 

専門用語は極力使わない

自分が知っていても、相手が知らない言葉であれば、伝わりづらくなります。

そのため、相手が知っている言葉を使ったり、

例え話をしながら相手が理解できるように伝えましょう。

 

×わかりづらい例

ジロリアンの俺としては、インスパイア系の増し増しじゃ物足りないよ!

わかりやすい例

ラーメン二郎が大好きな俺としては、ラーメン二郎の真似をした店の野菜大盛りじゃ物足りないよ!

 

具体的な話しや数字を入れる

抽象的な表現よりも、可能な限り具体的な表現のほうがわかりやすいです。

数字が入っていると尚よいです。

 

×わかりづらい例

昨日は、お腹がパンパンになるくらいラーメン食べたよ。

わかりやすい例

昨日はラーメン5杯食べたよ。

 

以上の3点をちょっと意識してみると、伝わりやすくなると思います。

面接等でも意識すると、就職活動もうまくいくかもしれません

[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]