岡山です。

 

学生さんの自己PRを聞いていると、ぎこちなく感じることがあります。

ぎこちなさを感じると、せっかくのPRも良さが伝わりづらくなってしまいます。

ぎこちなさを減らすために必要なことは、

丸暗記ではなく、要点を覚えることです!

 

自己PRをどうやって練習する?

ぎこちない自己PRをしていた学生さんに聞くと

「文章を作り、一言一句間違えないように暗記しています」

とのこと。つまり、

「間違えないように」ということに気をとられながら自己PRをしていたのです。

 

自己PRは自分の言葉で話す

その学生さんには、

「丸暗記ではなく、要点だけを覚えるようにしてみよう」

とアドバイスしました。

その後、数回練習をしただけで、ぎこちなさが抜け自然体になりました。

 

何を伝えたいかということを押さえて、

何度か練習をすると、

自然体で自分のことを伝えられるようになります。

 

みなさんも自分の言葉で、自己PRができるように、

要点を覚えて臨んでみましょう!

[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]