最近読書にはまっている片桐です。

 

9月に入り、読書の秋となりました。

秋の夜長に読書をして知性を磨きたい・・・とイメージとかけ離れた事を思っています。

 

さて、今回はそんな私がオススメする本の紹介をします。

 

語彙力こそが教養である

キャプチャ2

語彙力こそが教養である

齋藤 孝

角川書店

Amazonで詳細を見る

 

日本テレビ『世界一受けたい授業』に講師としても有名な齋藤孝さんは、

今は明治大学の教授をしています。

この本を一言で表すと『一つの言葉ですべてがバレる』ということです。

齋藤さんは学生のプレゼンを1分見れば知性と語彙力のレベルが手に取るように

わかるそうです。

 

日本と海外の語彙の数の違いについて

日本語を90%理解するには1万語。

英語は3000語、フランス語は2000語足らずで90%を理解できるそうです。

つまり日本人は諸外国よりも5倍の語彙を知っておかなければならないのです。

5倍とは驚きですよね。

 

語彙=教養

発した言葉でその人のレベルがばれてしまうのです!

『マジで?』『やばい!』『確かに』『なるほど』‥使いやすい言い回しばかり

していませんか?

語彙が多いというのは、例えるなら絵の具の種類が多いということです。

絵の具が2色と500色であればどちらが素敵な絵を描けるでしょうか?

つまり語彙が増えれば、表現力が豊かになります。

 

『やばい!』ばかり言っている先輩や上司は憧れられないですよね。

面接の際に学生言葉が出てしまったら・・・悲しいですね。

 

慣用句や四文字熟語を使ってみよう

『みんなで集中してがんばろう』よりも『みんなで一意専心でがんばろう』

同じい意味でも受け取り方は変わりますよね。

 

本を読めばいろいろな言葉の引き出しが増えるはずです。

 

おすすめは読書!

相撲の世界には『三年先の稽古』という言葉がある!

齋藤さんも言っていましたが、インプットの王道は毎日の読書です!

結局は日々の言葉の積み重ねが肝です。

最初は疲れたり眠くなったりすると思いますが読み続けましょう!

 

 

私も実は本が苦手でした。

大学生の時に読んでいたのは、ワンピースとスラムダンクとNARUTOと・・・

今は毎月本を購入し読んでいます。

知らないことをしれたり、同じ本を読んでる人と共感するととても楽しいです!

読書で語彙力を身に付けることで、新入社員としても一目置かれる存在に

なることができるかもしれませんね。

「何を読めばよいか分からない!」という方は、是非周りの大人に聞いてみましょう。
[av_hr class=’short’ height=’50’ shadow=’no-shadow’ position=’center’]